もっと知りたい!謎の美容食材「ギー」の世界

もっと知りたい!謎の美容食材「ギー」の世界

流行りのダイエット方法は様々ありますが、皆さんは今注目しているダイエットはありますか? 最近美容に敏感な女性の間で流行しているのが「ギー」。今回はこの「ギー」について解説したいと思います。

ギーってなに?

そもそも「ギー」とは何なのでしょうか。動物性脂肪のなかでも不純物を含まない最も純粋な油が「ギー」です。動物性脂肪といえばバターですが、無塩のバターからタンパク質と水を取り除いたものを指します。香ばしい甘い香りとコクのある味わいが特徴です。
南アジアでは一般的に調理用の油として用いられています。不純物が少ないため、悪くなりにくく長期的な保存が可能であるほか、乳糖不耐性の方でもアレルギー症状を起こさずに摂取できるなどの特徴があります。
また、インドではアユールヴェーダ にも用いられている油ですから、名前を耳にしたことがる方もいることでしょう。
また、実際にギーを用いたマッサージや保湿などを体験したことがある方もいるのではないでしょうか。

ギーの嬉しいダイエット効果

「ギー」には、ダイエットや美容に嬉しい様々な栄養素が含まれています。以下では私達が木から摂取することもできるダイエットや美容のための栄養素をご紹介します。

ビタミンA

ビタミンAは肌のコラーゲンを保つ働きを持っている栄養素です。肌のコラーゲンが保たれると、肌の乾燥や小じわといったトラブルの解決が期待されます。

ビタミンD

ビタミンDはカルシウムの働きを助けます。女性のかかりやすい骨粗鬆症などを予防するのに必要の栄養素です。

ビタミンE

ビタミンEは強い抗酸化作用を持ち、「若返りのビタミン」としても知られています。シミの原因となる過酸化脂質の生成を抑えるという働きがあります。

中鎖脂肪酸

中鎖脂肪酸は体内ですぐエネルギーに変わる、体脂肪になりにくい脂肪です。 中鎖脂肪酸がエネルギーになる時には体内の他の脂肪も一緒に燃やしてくれる特徴があります。

短鎖脂肪酸

短鎖脂肪酸の効果は食欲を抑えてくれる効果と、肝臓で脂肪を合成する酵素を減らしてくれる効果を持っています。ダイエット中にはぜひ摂りたい栄養素の一つであると言えるでしょう。

共役リノール酸

共役リノール酸には全身の代謝を上げる働きがあります。代謝が上がれば運動をしていない時でも多くのカロリーを消費することになりますから、ダイエット向きの栄養素です。

今日からできる、ギーの使い方。

このように嬉しい効果がいっぱいのギーですが、実際にどのように日常生活に取り入れれば良いのでしょうか。以下では、今日からさっそくできるギーの使い方をご紹介します。
まず最も簡単なのは、調理用の油をギーに変えることです。サラダ油やオリーブオイルの代わりに用いることができます。
バターの様な風味がありますから、ダイエット中にもかかわらずコクのある味わいを楽しむことができるでしょう。 バターの代わりとして、お菓子作りにも用いることが可能です。
同様にバターやマーガリンの代わりにトーストに乗って楽しむこともできます。ギーは元々バターなので、さほど違和感なく使えるのではないでしょうか。カレーなどに混ぜても美味しく食べられると言われています。

また、近年ではダイエット効果のある飲み物としてバターコーヒーや、MCTオイルコーヒーなどが人気です。これらのオイルの代わりにギーを用いてみてはいかがでしょうか。
オイル入りのコーヒーは腹持ちが良く、朝食代わりに飲むと昼過ぎまでお腹が空かないと言われています。その意味でもダイエット効果が期待できそうです。

もっと知りたい!謎の美容食材「ギー」の世界

ダイエットだけじゃない、ギーの活用方法

ギーが私たちに嬉しい効果をもたらしてくれるのは、何もダイエットに限った話ではありません。先にも述べた通り、インドではアユールヴェーダにも用いられている油ですから、美容効果も期待できます。
ギーを用いたおすすめの美容法は、ヘアケアやマッサージオイル・ボディオイルの代用、アイクリームやクレンジングなどが挙げられます。ギーは固めのテクスチャーですから、髪や体に用いるときは、手のひらの温度で溶かすようにしてから使うと良いでしょう。
特にギーを用いたマッサージはダイエット効果も期待できますからぜひとも試していただきたいです。
ダイエット中には肌が乾燥しがちですから、お風呂上がりに水分を拭き取るより先に全身にギーを塗るのが良いでしょう。
ギーは比較的肌になじみよく伸びるので、少量で全身をカバーすることができます。ギーを塗る際に、リンパの流れに沿うようにして手を動かすと、それだけでもリンパマッサージになりますよ。

まとめ

最近話題のギーのダイエット効果や簡単な活用法がおわかりいただけたのではないかと思います。まだまだ入手できる先は限られているギーですが、これから流行ることは間違いありません。ぜひ他の方に先んじてギーを生活に取り入れてみてくださいね。

  • おすすめエステ体験ランキングを見る
  • 痩身エステ体験レポートを見る